スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
籐工芸 工房 妃生子 −4/6−
4月から新規の生徒さんが増え、とても賑やかになった籐工芸です。

初めての生徒さんは、まずは、先生から編み方の指導をしていただきました。
編み始めのところが肝心のようです。



1年ほど先輩になる生徒さんは、今回は下の写真の右側、底板のついたバッグを作っていくようです。



「模様のところが難しそう…」

と、不安そうにお話してくれましたが、

「完成が楽しみ♪」

と、気合を入れて作られていました。



そして、新規生徒さんの初作品はこちらです。
みなさん、時間内に、とても上手に作られていました。



そして、底板つきのバッグは、今日はここまで。
籐を規定の長さで切りそろえ、底板に開けた穴に通し、編むところまで出来ました。



「底板にピッタリくっつくように編まないと、バッグを置いた時にグラグラしますので、注意してくださいね。」

と、先生。
なかなか難しそうです。

そして、下の写真は、籐の鉢カバーを作っている生徒さんの作品です。
どんな鉢カバーで出来るのか、楽しみですね♪



次回は、5月11日(水)10:00〜となります(5月のみ第2に変更)。

木きん堂カルチャースクールのお問合せ・お申込はこちらまで。
0120-63-4920

国土
 
author:大工館, category:籐工芸, 14:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:41
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://daikukan.jugem.jp/trackback/512